実は大事な子どもの歯その2~噛む力を育てて、美しい歯並びを手に入れよう!~


さて、歯のシリーズ第2弾の今日は、子どもの噛む力をつけるには?というテーマでお送りします。

しっかり噛めるようになるには、座った時の状態・姿勢が大切なのはご存知でしたか?

特に足が地面についているのかいないのかはとても重要なのです!

足が地面についていないだけで、噛む力は約20%もダウンしてしまいます。
食事の時に足がブラブラしていると、力が入らなくなり、噛む力が弱くなってしまうからです。

この状態は、集中力もすぐに切れてしまいますので、食事中にウロウロしたり、遊びはじめてしまったりする原因の1つにもなり得ます。

食事中だけではなく、集中させたいときには、足が地面にしっかりつくように工夫させてあげましょう。
(床に雑誌を積んで足がつくようにしてあげる。など。しっかりと足がつくベビーチェアが一番です。)

また、噛む力を養うには食事も大切。
固いものばかりを無理にあげなくとも、様々な食材を『よく噛んで食べようね。』と声を掛けながら進めて行ってください。
様々な味、食感に出会わせてあげることは、これからの発達にも重要になってきます。

よく噛んで食べることは、あごが発育し、噛み合わせや歯並びがよくなることに繋がります。

では、具体的に歯に良いおやつ、悪いおやつをいくつかと、あごの発育に良い献立のポイントをご紹介します!

☆良いおやつの例

・ヨーグルトやアイスクリームなど、口の中をサッと通り抜けて長く留まることのないもの。
※食べ過ぎ注意です!

・ナッツや季節の野菜、チーズなど、虫歯の原因となる“酸”を作れない食べ物。

・煮干し、フレッシュフルーツなど、よく噛んで食べるもの。

・水、お茶など。虫歯になりにくい、歯に優しい飲み物。
など

☆悪いおやつの例

・ヌガーやキャラメルなど、歯にくっつく粘着性の高いもの。

・チョコレートや砂糖入りガムなど、虫歯の原因となる酸を作り出すもの。

・スナック菓子、棒つきキャンディーなど口のなかに留まりやすい食べ物や、長い時間味を楽しむもの。
など

☆あごの発育に良い献立のポイント

①使う食材は固さよりも噛む回数の多さで選ぶ。

②ゴボウやレンコンやにんじんなど、複数の根菜類をメニューに加える。

③高野豆腐やひじき、切り干し大根などの乾物を
利用する。

④小魚やわかめなど、魚介類も取り入れる。

⑤献立は和食がおすすめ。

噛む力は“食べたい!”という欲求からも育ちます。そのためにはお腹が空いた!という状態を作ることも大切です。

規則正しい生活をし、たくさん遊んで、食べて、健康な歯とあご、美しい歯並びを手に入れましょう✨

次回は食後に欠かせない、歯磨きについてです。

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 専門家コラム 2015.01.31

Translate »