子どものカサカサ肌にご注意!~おすすめの薬のご紹介を添えて~


冬に気になる乾燥。乾燥すると、インフルエンザや風邪が流行るだけではなく、お肌のトラブルも気になりますよね。

でも、子どもは気にしなくても大丈夫!と思っている方、いらっしゃいませんか?

実は子どもの肌こそ、気をつけて状態を見てほしいと思います。

最近はお子さんの肌にとても気を配る親御さんも増えてきましたね。夏は日焼け止めを塗り、冬はクリームを塗る・・・とても良い心掛けだと思いますが、なんでもやりすぎは禁物。

(子どもの肌呼吸を妨げてしまったり、皮脂の汚れをうまくとりきれなかったり、逆に”つけたから!”と洗いすぎてしまったり・・・子どもの肌はとても敏感なので、優しく扱ってあげて下さいね。)

けれど、そんな中でもぜひやっていただきたいのが冬の乾燥からお肌を守る保湿。子どもは特にひざの裏側やひじの内側などの部分が乾燥してしまいがち。お風呂上りには全身にクリームを塗ってあげられるとbetterです。

また、意外と見落としがちなのかな?と思うのが”手”です。

手が真っ赤になり、あかぎれがたくさんできている子を多く見かけます。出来るだけこまめにクリームを塗ってあげられるようにしましょう。嫌がる子もいるかもしれませんが、まずは親が試してみましょう。親が試してみて嫌なものは子どもも嫌です。親がこれなら!と思うものを塗ってあげましょう。(もちろん子ども用で。)

また、ただの乾燥かな?と思っていると実はアトピーだった!なんていうこともあります。アトピーの早期発見のためにも、カサカサしている場所、治り具合などをこまめに観察し、様子を見ましょう。

クリームを塗っているのになかなか良くならないなどの症状が続いたら、皮膚科を受診するようにしてくださいね。

そしてあかぎれができてしまった時におすすめしたいお薬がこれ!↓

キップパイロール

『キップパイロール』です。これ、本当に効きますよ~!

勤めていた幼稚園には必ずあって、新しい職場にもおすすめしたくらいです笑

私のお気に入り絵本の一つ、『わにわにのおおけが』のなかにも登場するこの薬。

大人にも子どもにも使えるので安心です。傷全般に効きますのでぜひお試しあれ♪

絵本:『わにわにのおおけが』↓

わにわに

登場シーン↓

わにわに2

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

Category 専門家コラム 2014.12.28

Translate »