DSC00187

おはようございます。

世界を舞台にココロが震える本物体験を提供し、『あなたと世界をつなげる専門家』、World LifeプロデューサーのMasamiです。

前回は、「子どもとの遊び方がわからない!」という最近増えているお悩みを解決すべく、子どもとの遊び方のたった2つのPointのうち、Pointその1をご紹介しました。

前編:「子どもとの遊び方がわからない親が急増中!遊び方のたった2つのPointとは。~前編~」

今日は後編&まとめとして、子どもとの遊び方のPointその2をお伝えします!

子どもとの遊び方のPointはたった2つだけ!

yjimage32J5J046

Point 2:自分も思い切り遊ぶ。

”こうした方がいい、ああした方がいい”と遊びを支配することはダメですが、自分も子どもと対等に、思い切り遊ぶ姿勢をとることも、子どもとの遊びをスムーズにしれくれます。

簡単にいうと、”子どもと張り合う”ということです。

親や大人はどうしても、”子どもだから”と譲ってしまいがち。

けれど、子どもからしてみれば、手抜きをされた感は否めません。

大人でも、相手が自分に対して手抜きをしてきた(上から目線)では気持ちよくありませんよね。

それは、子どもでも同じなのです。

子どもだって1人の人間。

小さいけれど、1人の人間として、対等に接してあげましょう。

遊びの中での例でいうと、私はよく子どもに”No”と言っていました。

例えば、列車を通そうと線路を長く繋げていた場合。(遊びってやり始めると大人もハマるのです。)

子どもに「線路貸して」と言われても、「今先生使ってるからダメ。」と言います。

すると子どもは、

「じゃあもうちょっとしたら貸して」

「じゃあ僕のと繋げようよ」

など、自分なりに考えて、いろんな解決策を出してくれます。

このようなやり取りも、子どもの能力を伸ばすことになるのです。

(たまに、大人なんだから我慢して!と言われることもあります・・・笑)

親・大人である自分が遊びを楽しみ、子どもと対等になることが、遊びをより盛り上げてくれると同時に、子どもの能力も伸ばしているのです。

堅苦しく考えないで!遊びは楽しさいっぱい!

yjimage6

いかがでしたか?

前編、後編と分かれた子どもとの遊び方Point。

もちろん、個人個人によって違いもありますが、この2点を意識するだけで、子どもとの遊びが更に充実すること間違いなしです!

※個別相談はお問合せから随時受付ております。

夏休みに入り、子どもとの時間が増えるこの時期。

ぜひ2点のPointを使って、子どもと思い切り遊んで下さいね!

子ども&あなたの可能性は無限大!