DSC00193

おはようございます。

世界を舞台にココロが震える本物体験を提供し、『あなたと世界をつなげる専門家』、子育て・教育ドクターのMasamiです。

「発達障害が増えている」

というワードをよく目にしたり、耳にしたりします。

私自身、子どもたちと接していて、”だんだん発達障害と言われる子が増えてきたな”という印象は、確かにあります。

しかし、その背景には何が潜んでいるのかというと・・・

子どもへの接し方が分からない親、大人が増えている。

yjimage

発達障害増加の背景にあるもの。

それは、『子どもへの接し方が分からない親・大人が増えている』ということです。

食育の面からすると、”欧米化した食事やコンビニなどのせいだ!”という方もいるかもしれませんね。

確かにそれは否定しません。食事は子どもの心と体をつくる、大切なもの。

しかし、すべてが食事のせいだけではありません。

発達障害が増えている背景にあるものは、大人側の対応の問題なのです。

子どもを持て余してしまう大人たち。

yjimage5

私のもとには、お悩みを抱えた親たちが、たくさん相談に来てくれます。

悩みの種は様々ですが、おおきく見てみると、

『子どもとどう接したらいいのか分からない』

ということになります。

もう少し細かくすると、

・子どもとの遊び方がわからない

・子どもへの叱り方がわからない

・自分の子なのによくわからない

・これでいいのかわからない

とにかく、「分からない」のオンパレード!

分からないけれども、自分の子なので、色眼鏡でみたり、過度に期待したりするところもあり、余計に子どもが分からなくなってしまう・・・

なんていうのもよくあります。

親である大人側がどう接したらいいのか分からないからこそ、「うちの子はなにかあるのではないか」と思ったり、周囲の大人も子どもに対する接し方が分からないのに加え、型にはめたがるので、「あの子はおかしい」と決めつけたりしてしまう。

要するに、子どもを持て余してしまっているのです。

そして結果的に”発達障害”が増えてしまうのです。

”個性を大事に”を本当に実現できる社会になるためには・・・

90l8c6082cc8eca905e

2020年、教育改革がやってくると共に、昨今では”子どもの個性を大事にしよう”ということがうたわれていますが、果たしてその意味を、本当に理解している大人はどれだけいるでしょうか。

”個性を大事に”と言いながら、”発達障害が増えている”なんてちょっと矛盾ではありませんか?

本当に”個性を大事に”を実現するには、必要なことがたった1つだけあるのです

それは・・・

また次回、お伝えしますのでお楽しみに!

子ども&あなたの可能性は無限大!

※「子どもとの接し方が分からない」・・・はすぐに解決することが出来るって知っていましたか?→Global子育て・教育ドクター