DSC00386

おはようございます。

世界を舞台にココロが震える本物体験を提供し、『あなたと世界をつなげる専門家』、教育ドクターのMasamiです。

Informationの中でもお知らせしましたが、私は今現在、ホンマルラジオ青山局で、

『イリスミュージックアワー とみりん&まさみんの世界へきっかけクリエイト』

という番組のパーソナリティーを務めさせていただいております。

毎回素敵なゲストの方をお招きし、お話を伺っているのですが、その中でも、素敵だなぁという出会いがありましたので、今日はそのお話を・・・♡

中学生シンガー、ゆみちゃん!

received_1426425700804651 (1)

※ゆみちゃん&もう一人のパーソナリティー、とみりんと

その素敵な出会いとは、中学生シンガー、ゆみちゃんとの出会いです。

ゆみちゃんは現在、13歳の中学1年生。

部活に勉強に趣味に、一生懸命な可愛らしい女の子。

中学生と言えば、多感な時期。

反抗期に入るころでもありますよね。

そんな時期、ラジオに出るなんて、私だったら出来なかったな・・・と思います。(恥ずかしくて絶対いやだって言いそうです。)

でも、ゆみちゃんは私と違って(笑)素直な良い子。

ラジオに出てくれた時には、中間試験の真っ最中だったようです。

なぜ、ゆみちゃんがそんな忙しい中、ラジオに来てくれたか?

なぜ、シンガーになったか?

それは・・・

祖父母の背中を見ていたから!!

いくつになっても楽しんでいる背中を、子どもたちは絶対に見ている。

received_1426425690804652※ゆみちゃんご家族&ディレクターの大家さんと

詳しくはラジオをお聴きいただければと思いますが、ゆみちゃんがシンガーとしてライブに立とうと思ったのは、ゆみちゃんのおじい様、おばあ様の影響なんだとか。

「祖父母の姿を見て、私も歌いたい!ステージに立ちたい!と思った」

この言葉に、私はすごく感動しました。

何かをやるのに早すぎることはないけれど、遅すぎることもないと私は思っています。

せかいくでは、

”親が楽しんでいる姿を見せることが、子どもへの一番の教育”

と伝えていますが、なにもそれは親だけではないのです。

還暦になっても、米寿になっても、やりたいことをやって楽しんでいる姿は、子どもたちは絶対に見ています。

その姿を見て、「私もやりたい・歳を重ねてもこんな風になりたい」と子どもは希望や目標を抱くのです。

抽象的ではない、体現された人たちが周りにいる。

それがどれだけ、子どもたちの心を刺激するか。

「いい歳をして恥ずかしい」

という人がいますが、恥ずかしいと思うことなんてなにもないのです。

信念を持った背中は、子どもたちには”カッコいい”の対象です。

歳や周囲の目を気にせずに。

一度きりしかない人生、思いっきり楽しんで、子どもたちに”カッコいい”背中を見せていきましょう!

子ども&あなたの可能性は無限大!

※やりたいことがあるけれど、時間もないし、子どもたちのこともある・・・

そんな時には→教育ドクター