DSC00193

おはようございます。

世界を舞台にココロが震える本物体験を提供し、『あなたと世界をつなげる専門家』、教育ドクターのMasamiです。

「子どもは褒めて育てろ」

というような類の本がありますよね。

「それらを読んだすぐ後には

”そうよね、褒めてあげなくちゃ!”

と思い、褒めよう、褒めようとするのですが、結局怒ってしまうんですよね・・・」

こんなお話もよくいただきます。

では、質問です。

あなたは”褒める”の持つパワーを本当に理解して使っていますか?

”褒める”のもつパワー!

yjimage5H547D50

褒めるというのは、子どもたちにとってはもちろん、大人にとってもすごいパワーをもたらします。

先日公開された私がパーソナリティーを務める『イリスミュージックアワー、世界へきっかけクリエイト』にゲストでお越しいただきました、

NYのラジオにも出演したことのあるバンド、Garakのボーカル、MOO(ムー)さんが、”褒める”の持つパワーについて、とっても素敵なエピソードをご紹介してくれました。

「自分が音楽をこれまで続けてくることが出来た根底には、子どもの頃に歌を褒められた経験があるから。

歌だけは親も周りの大人も褒めてくれた。

褒められたくて大会に出場していたくらい。」

”褒める”ということは、子どもに道を決めさせるきっかけにもなるくらい、強いパワーがあるということ。

そして、心からすごい!と思って褒めることは、子どものココロに響くということです。

なんでもかんでも褒めるのは・・・どうか?

yjimage0wqd3lkb

MOOさんの場合、「歌だけは褒めてくれた」というように、ご両親や周囲の大人は、MOOさんの歌が”本当にすごい!”という心からの賛辞を送っていることが分かります。

ところが・・・

”じゃあ褒めればいいのよね!?”

となんでもかんでも褒めればいいのかといえば・・・

実はそうでもないものです。

あなたも上司や周りの大人に、大したことないのに褒められると、その人のことを胡散臭く感じたことはありませんか?

子どもだってその胡散臭さは感じます。

なんでもかんでも褒められると、

・本当に自分のことを見てくれているのか?

・なんでも褒めらるなら努力しなくていいや

と思ってしまうのです。

”褒める”のもつパワーをしっかり理解して褒めよう!

normal

褒めるということは、使いすぎても使わなすぎてもダメ。

”褒めなくちゃ、褒めなくちゃ・・・!”

と思ってやる”褒める”には、本来のパワーがありません。

子どものココロには”本物”しか通じません。

誰もが持っている”これはすごい!”というところを見逃さず、しっかり褒めてあげてくださいね。

それが子どもたちの自尊感情を高め、ぐんぐん育てていくのですから。

(もちろん、大人の方に対しても同じです!)

子ども&あなたの可能性は無限大!