DSC00893

おはようございます。

世界を舞台にココロが震える本物体験を提供し、『子どもの真の才能を発掘する』、才能発掘ハンターMasamiです。

先日、

「子どもにすっごく怒ってしまって自己嫌悪です・・・

子どもに悪影響が出るのではないかと心配で・・・」

という相談を受けました。

子どもの才能を伸ばすには、親の感情ってどう子どもに伝えたらいいと思いますか?

感情は出して良い!

yjimage937bvtxi

結論からいうと、感情は出して良いのです。

例え親になったって、人間は人間。

悲しい時もイライラする時もたっくさんありますよね。

そして、”いけない、いけない”とは思っても、ついつい子どもの前でそれが出てしまうことも・・・

うん。それでいいのです。

それが自然なこと。

なぜ子どもの前で怒ってはいけない、イライラしてはいけないと思うのかというと、それだと

”母親・父親として失格”

だと思い込んでいるから。

特に母親は、”母性があるもの、子どもの聖母でなくてないけない”という思い込みを少なからず持っているものです。

そしてそれを、男性や社会も無意識に母親に求めてしまっています。

でも、子どもを産んだ瞬間から、完璧な母親になれる人なんて誰もいません。

聖母のように常に優しく微笑んでいるなんて、出来るわけないのです。

感情をしっかり吐き出すこと&その後のフォローが大切!

yjimageo3sm64ch

”親だから”って感情を押さえこんでしまうと、鬱になってしまうこともあります。

感情はしっかり吐き出してOKなのです。

親だってきちんと感情があることを子どもが知ることは、子どものコミュニケーションの才能を伸ばすにもとっても重要なことなのですよ。

あとは、もし子どもの前でイライラを吐き出してしまったら、そのフォローをしっかりすることが大切。

”子どもが言葉が分からない、言っても意味がない年齢だからフォローしない”というのは大間違い。

子どもは話せないだけで、しっかりとこちらのことは理解しているのです。

きちんとフォローしないと、子どもの才能を潰してしまうだけでなく、親子関係まで上手くいかなくなることに繋がります。

感情は出してもOK。けれど、その後のフォローを忘れずに行ってあげることが、子どもの才能を伸ばすことにも繋がるのです。

子ども&あなたの可能性は無限大!

※「フォローってどうすればいいいの?」「この場合はどんなフォローが適している?」→子どもの”真の”才能発掘コンサルティング