DSC00836

おはようございます。

乳幼児期からココロが震える本物体験を提供し、『真の”グローバル脳”と”ココロ力”を育てる専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

日本人はとにかく、”失敗”を恐れる傾向にあります。

それは、幼い頃より身についた、”正解を求める教育”の賜物といっても過言ではありません。

「失敗してもいいんだよ。」といいつつ、失敗すると変な雰囲気になったり、責められたりということもあります。

これでは、”失敗”を無意識に恐れるようになってしまうのも、仕方がありません。

では、多文化が入り混じる海外では、失敗をどのように捉えているのかというと・・・?

失敗=発見!!

yjimage17nsbw6i

インターナショナルスクールで勤務していると、”失敗”に対する捉え方(子どもへの伝え方)が違うなぁということが分かります。

『失敗はマイナスのことではなく、プラスのことなんだ!』

ということを子どもに頻繁に伝えるからです。

『Don’t be afraid to make a mistake or two.

It might lead you to discover something new.』

これは、クラスの教室に張ってある言葉。

「失敗を恐れないで!失敗をすることは、新しい発見に導いてくれるよ!」という意味です。

私たちも、たとえ子どもが失敗しても、”大丈夫だよ!これで新しいことが学べたね!”と明るく前向きにクラスの中で伝えています。

そもそも失敗という概念はない!?

yjimage0wqd3lkb

私が本当に尊敬する外国人教師を見ていると、

”そもそも失敗という概念がないのではないか・・・?”

と思うときがあります。

それは、例えば子どもが工作で、みんなとは違うことをやったとしても、それを”見て!おもしろいことをしているよ!”と私に伝えてくるからです。

この時に私は、”あぁ、失敗も1つの個性として見ているのだな”と感じ、嬉しくなりました。

もちろん、”こんな風に作って欲しい”というときには、

「それも面白いけれど、今回はこんな風に作ってくれるともっとかっこよくなるよ!」

と前向きな発言をしながら、子どもを導いています。

世の中には失敗なんてない。あるのは発見と学びだけ!

yjimage

日本人は、”失敗してもいいんだよ”と言いながら、いざ、失敗をすると恥ずかしく思ってしまいがち。

けれど、視野を日本だけではなく、グローバルに拡げて見ると、そもそも”失敗”なんてこの世に存在しないことが分かります。

なぜなら、人類は失敗を通してしか成長できないからです。

失敗をするからこそ、成長し、新しいことを学んで進化していくことが出来るのです。

今まで一度の失敗もしなかった人なんていません。

”失敗=マイナス。恥ずかしいこと”ではなく、

”失敗=プラス。新しいことを発見、学ぶこと”なのです。

どんな失敗をしても大丈夫。

それがあなたを無限の可能性へと導いてくれるのです。

子ども&あなたの可能性は無限大!