DSC00187

おはようございます。

乳幼児期からココロが震える本物体験を提供し、『真の”グローバル脳”と”ココロ力”を育てる専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

先日、”英語さえできればそれでいいのか?”という記事を書きました。

過去記事:「あなたの”英語コンプレックス”が、子どもの”〇〇”をつぶしてしまう。」

それを読んで、「分かりますがやっぱり英語が・・・」という方から質問をいただきましたので、今日は私の体験談を。

英語は本当にツール(道具)です。

kids-new-years-resolution

この手の話は耳にタコができるくらい聞かされていてうんざりかと思います。

しかし、「英語が出来るから、そんなこと言うのですよね」とも言われることがあるので、その誤解は解いておきたいと思います。

はっきり申し上げて、私はそれほど英語が出来るわけでも上手なわけでもありません。

むしろ、単語や文法の知識、英語力はこれを読んでくださっているあなたの方があることは断言しておきます。

けれど、ありがたいことに、私に会った人たちは、私が英語が出来ると思ってくださっている。

それはなぜか?

それは、単語があまり分からなくても、文法がめちゃくちゃでも、自分が分かる単語や文章を使って話しているからです。

そして、ネイティブと話をしていると、「やっぱり関口さんは英語が出来るのね!」と言って下さる。

ありがたいことです。

実際は、よーく聞いていると中学校レベル(それすらも怪しい時あり)の単語や文しか使っていません。

どんなに拙い文章でも、こちらの意図が伝われば良いのです。

(例えば、そこの画用紙取ってとか、○○君は今トイレに行っているよ。など)

なぜなら、英語はコミュニケーションをするための1つのツールにすぎないのですから。

このツールを完璧にする必要はないのです。

ツール(道具)を完璧にすることが目的ではない。

naughty-or-nice-shaping-your-childs-behavior-1500x1000

もちろん、私だってもっと話せるようになりたいなと常に思っています。

英語がネイティブのように話すことができたらいいなとも思いますし、そのようになったら素晴らしいと思います。

けれど、道具(英語)は目的を達成するための1つの手段でしかないのです。

英語を母国語としない人たちが英語が上手なのは、英語を目的としていないからです。

英語は自分の目的を達成するための道具と考えているから英語が上達するのです。

日本人は、英語を上手に話すことを目的にしてしまい、完璧な文法、豊富な単語知識を持たないと、話すことは出来ないと思い込みすぎています。

拙い文章でも、度胸とくじけないココロがあれば、それで大丈夫。

あなたは自分が思っているより英語力があるのですよ!

そして、子どもに英語を身に付けて欲しいのなら、目的をしっかりつくっていけるように、たくさんの体験をさせてあげてください。

英語を目的にするのではなく、英語を使ってその先にある目標を、叶えていってくださいね。

子ども&あなたの可能性は無限大!