DSC00193

おはようございます。

世界を舞台にココロが震える本物体験を提供し、『あなたと世界をつなげる専門家』、子育て・教育ドクターのMasamiです。

先日、妹が結婚式をあげて感じたことを記事にしました。

過去記事:「立場が逆転してみて初めて分かる、”家族”の気持ち。~自分の家族と向き合う~ 」

先日もお伝えしましたが、私は2人姉妹の長女です。

よく人からも、「下に兄弟いるでしょ?」と聞かれます。上にいるでしょ?と聞かれたことはほぼありません。

さて、そんな兄弟・姉妹の関係から、子どもとの関係が上手くいかなくなっている・・・という相談も実は結構あるのです。

親になると忘れがちな子どもの頃の気持ち。

shutterstock_96216545

先日もお伝えしましたが、親になるとどうしても忘れがちなのが”子どもの頃の気持ち”。

「自分が親からされて嫌だったこと、悲しかったことだったはずなのに、気付けば自分も子どもに同じようにしている」

ということは、コンサルをしていて多く目にする行動です。

そしてそのような行動は自分では気づくことが難しい。

客観的に自分をみないと、分からないことだからです。

そして、自分の子どもたちなのに、気持ちが分からないという事例も発生しています。

それはなぜかというと・・・自分が同じ立場にいなかったから。

自分の子が分からない!それはもしかしたら、経験している”立場の違い”からきているのかもしれません。

naughty-or-nice-shaping-your-childs-behavior-1500x1000

いつぞや見たテレビで、木下ゆきなさんがこんなことを言っていました。

「(自分の子だけど)長女の気持ちが分からない。自分は末っ子だったから。」

これ、案外多くのご家庭で持っている悩みなのです。

けれど、それが”自分が同じ立場にいなかったからわからない”ということに気づかないのです。

たいてい、”子どもに問題があると思っているか、自分を責めているか”のどちらかに分かれてしまいます。

木下さんは、長女であるお子さんと接する中で、長女の気持ちが分からないのは「自分が同じ立場にいなかったからだ」と気づいたわけです。

そして、こんなことも言っていました。

「長女への接し方が間違っているのかもしれない。負担をかけているのかもしれない。」と。

よく分析しているなぁと感心してしまいました。

その子の立場を考えてみるのもGood。でも立場なんて関係なく、その子自身を愛してあげよう。

yjimagem42717t6

子どもがたくさんいると、どうしても上の兄弟には上の立場を、下の兄弟には下の立場を求めてしまうこともあります。

でも、それでなんだか兄弟間が上手くいかない、子どもとの関係が上手くいかない・・・

というのであれば、その子の立場にたって考えてみると、解決のヒントが隠されているかもしれませんよ。

親は平等に愛しているつもりでも、それが子どもたちに伝わっているかは別の問題です。

どんなに大きくても親からのスキンシップは嬉しいもの。

どんなに小さくても、大人扱いされたら誇らしいもの。

”お兄ちゃん・お姉ちゃんだから、まだ小さいから・・・”

と立場だけで考えるのではなく、その子自身をまるごと愛してあげてくださいね。

子ども&あなたの可能性は無限大!

※「私の悩みはどこから来るの?原因は?」

その悩み、コンサルティングで治療します→Global子育て・教育ドクター