DSC00187

おはようございます。

乳幼児期からココロが震える本物体験を提供し、『真の”グローバル脳”と”ココロ力”を育てる専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

子どもにとって遊ぶことのメリットは何か。

それは、体とココロ、脳を鍛えていくということです。

けれど、”遊ぶ”ことは何も子どもだけの特権ではありません。

自分の子どもと遊んだり、友だちの子と遊んだり・・・

大人も、子どもと一緒に”遊ぶ”機会はたくさんありますよね。

しかし、「どんな風に子どもと遊んだらいいのか分からない!」という声も多く聞きます。

どんな風に子どもと関わったらいいのでしょう?

また、大人が子どもと遊ぶメリットってなんなのでしょうか?

大人が子どもとの遊びから得られるメリットは・・・デトックス!

yjimage

大人が子どもと一緒に遊ぶことで得られるメリットは、ずばり、『デトックス』です!

子どもはとても純粋で、自分の思ったことにまっすぐ突き進みます。

子どもと一緒にいると、その時起こる一瞬一瞬、今この時を、とても大切に楽しんでいるということが分かります。

大人になると、過去の失敗や未来への不安から、どうしても”今この時”に注目することが難しくなってしまいます。

ましてや、起こる出来事一瞬一瞬を楽しむことなど、考えもしなくなってしまいます。

けれど、”今この瞬間を楽しむ技術”が自分に成長をもたらしてくれたり、自分を見つめなおすきっかけを与えてくれたりするのです。

子どもと一緒に遊んでみると、この技術を学べる(思い出させてくれる)だけではなく、ココロもすっきり癒されてデトックスすることが出来るのです。

ただ、この気づきを得るためには、「ただ子どもの遊びに付き合っている・・・」という意識ではなく、自分も童心に帰って、無邪気に遊んでみる心掛けが必要です。

子どもとの遊びの中でデトックスをすることで、心の中の不要なものを流し、新しいビジネスアイディアや気づきが得られるのです。

どうやって子どもと遊ぶのが最適なのか。

yjimageFRG2GBVV

上記のことを踏まえると、「子どもとどうやって遊ぶのが最適なのか」という質問の答えは実に簡単。

・・・そう、自分が思い切り楽しめばいいのです!

潮凪洋介氏の「超一流の超休息術」という本にも、

20170507_143753

・子どもと無邪気に遊び、心を真っ白にすることで、大人は救われる

・疲れて凝り固まった心を癒すことができる

・子どもと遊ぶことで相手のことを思う気持ちが生まれる

・仕事に活かせる大きな気づきにも出会える

・余計な思考回路を脱ぎ捨てることができる

・子どもと遊べる大人は高い評価を得る

とあります。そして、

『大人の殻を脱ぎ捨て、身軽になって、その場を楽しもう』

とも。

大人が思い切り子どもと遊ぶことで、子どもにとっても良い刺激となり、体とココロ、脳がますます鍛えられていきます。

まさに、大人の殻を脱ぎ捨てて子どもと思い切り遊ぶ・その場を楽しむことはお互いにとって一石二鳥どころか、三鳥、四鳥にもなります。

”この年になって恥ずかしい・・・”

と思うのではなく、思いっきり楽しんでみてください。

思い切り子どもとの遊びを楽しむあなたのその姿は、とってもカッコいいですよ!

子ども&あなたの可能性は無限大!